インプラント|さいたま市岩槻区・岩槻駅周辺で歯科をお探しの方はこうの歯科医院まで

時間 日・祝
9:30〜13:00
14:30〜20:00
△土曜日…午前9:00~13:00/14:30~17:00
休診日:木曜・日曜・祝日

〒339-0066 埼玉県さいたま市岩槻区愛宕町4-24

  • 電話
  • メニュー

当院のインプラント治療の特徴

POINT1

安心のパック料金制度を導入!
イメージ画像 インプラント治療をやりたいと思った際に、一番気になってくる部分は「費用」に関する部分かと思います。

当院では、パック料金制度を設ける事で、費用で頭を悩ませることもございません。
わかりやすく、正確な治療を行わせていただきます。

→詳しくはこちら

POINT2

無理にインプラントをすすめることはいたしません!
イメージ画像 インプラントは、自分の歯に限りなく近い感覚を取り戻すことのできる、最新の治療方法です。
しかし、すべての方に最適な治療方法ということでもございません。
インプラントよりも、ブリッジの方が適している方もいらっしゃいますし、入れ歯の方が適している方もいらっしゃいます。
患者様にとって、どの治療方法が一番最適なのかをしっかりと話し合って決めていきましょう。

インプラント治療とは

インプラントは歯を失ってしまった方でも、
限りなく自分の歯に近い感覚を
取り戻すことのできる治療法です。

人工歯根を埋め込み、そこへ人工の歯を被せることでより自然なつけ心地と・噛み心地を再現することができます。入れ歯と違って違和感も少なく、日常生活を快適に過ごすことができるのがインプラントの最大の特徴です。治療後は定期的なメンテナンスを行うことにより、半永久的に機能することも可能ですので、入れ歯やブリッジが合わなくてお困りの方は、お気軽にご相談ください。

インプラントの必要性

イメージ画像

人間の歯は28本(親知らずが全て生えている場合は32本)あり、隣どうしの歯が支え合うことでバランスを保っています。それがなんらかの理由で1本欠けてしまうと、徐々にバランスが崩れていき、最後には全ての歯を失ってしまう場合もあります。歯を失った場合、それを補う方法としてインプラント以外にも入れ歯やブリッジという選択肢もあります。しかし、入れ歯やブリッジは違和感があったり、残っている歯に負担をかけて共倒れとなってしまったり、簡単に作製できる反面デメリットも多いのが事実です。しかし、インプラントなら失った歯の部分に人工歯根を埋入して支えているので周りの歯に負担をかけることはなく、つけ心地も違和感なく過ごしていただけます。口腔内の違和感なく、なにかに没頭することができるというのはインプラントならではの特徴です。

インプラントにおすすめの方

健康な歯を残していきたい

  • イメージ画像

    入れ歯やブリッジを固定するためには健康な歯を削って、固定する場所をつくる必要があります。

  • インプラントなら
  • イメージ画像

    顎の骨に直接、土台をつくって固定するので、健康な歯を余分に削る必要はありません。また、左右の歯の負担も軽減することができます。

入れ歯の装着感が悪い

  • イメージ画像

    入れ歯の材料や形によっては時間が経つと変形したりする場合があり、強い違和感を覚えることがあります。

  • インプラントなら
  • イメージ画像

    口内に触れている面積が少ないですし、しっかりと顎に固定されているため違和感を覚えることは少ないです。

入れ歯が動く・自然に外れてしまう

  • イメージ画像

    入れ歯が動いてしまうと咀嚼ができず食事をとることが困難です。また、会話の途中に入れ歯が外れてしまう場合もあります。

  • インプラントなら
  • イメージ画像

    顎の骨にインプラントを埋入して、しっかりと固定しているので外れることはありません。硬いおせんべいもバリバリと食べることができます。

インプラントの治療の流れ

インプラントが完全に骨組織と結合するためには、それを顎骨の中に3ヵ月から6ヵ月のあいだ埋め込んでおくことが必要です。
外科的処置は、一回法、二回法に分けられますが二回法について段階を説明いたします。

  1. 第1段階

    まず、インプラントを顎骨に埋め込みます。局部麻酔を使用しますので痛みはなく、副作用もありません。
    手術した後の組織が治癒するまでの最初の2週間の間は、義歯を使用することはできません。この期間が過ぎてから第2段階までのあいだは、特別に改造された義歯を使用します。

  2. 第2段階

    簡単な外科手術により、インプラントと上部の連結装置を接続します。これが治癒するまでのあいだは、顎骨内の固定装置(フィクスチャー)には保護用キャップを用いますので、通常の義歯を使用することができます。 

  3. 第3段階

    3ヵ月から6ヵ月たって治癒が確認されると、その人に合った上部構造を制作し、取り付けます。上部構造には、固定式のものと取り外し可能なものと2種類あります。取りつけが終わったあとは、口腔内の清掃状態の検査と、歯の噛み合わせと機能をチェックするための検査が、定期的におこなわれます。 

治療過程の概要

イメージ画像

インプラント治療の種類

  • サイナスリフト

    イメージ画像

    上顎の骨の厚みが足りない場合の治療法です。口内から骨の反対側へ穴を開けて、そこに人工骨を流し込んで骨の厚みを確保します。

  • 骨移植

    イメージ画像

    骨の少ない場所に口内の他の部分から骨を切り取って移植する方法です。患者様自身の骨なので拒否反応も少ない治療が可能です。

  • GBR

    イメージ画像

    インプラントを埋入しながら、欠損してしまった骨を再生させる方法です。

  • スプリットレスト

    イメージ画像

    骨が少ない場合に隙間を開きながら骨に確実に埋入させる方法です。

  • ショートインプラント

    イメージ画像

    骨が薄い箇所に、通常よりも短いインプラントを使用します。短いと強度が不安になる方もいらっしゃると思いますが、骨にしっかりと結合すれば安定性に問題はありません。

料金表

当院では、わかりやすいパック料金を採用しております。

インプラント埋入 1本20万円
被せ物 セラミック 10万円
被せ物 金属 6万円
ページトップへ